So-net無料ブログ作成

ドラマ、ブラックペアン最終回佐伯教授と渡海の因縁 [ドラマ]

スポンサーリンク




ドラマ、ブラックペアン最終回です。
とうとう終わてしまいましたね。
渡海先生が佐伯教授の因縁が
感じられる前回の終わりでした。
探し求めた患者飯沼さんがキーマンでしたね。
あのレントゲン映像のペアン
医療ミスとして大学病院を去った
渡海一郎
渡海の父
父の無実を解き明かそうとして
ここの飯沼さんまで
たどり着く。
佐伯教授の
心臓はまだ危うい状態
理事長選に出ている間に
手術に出る
ペアンを抜くことと
飯沼さんい証言してもらうことで
佐伯を引き吊り降ろす為
自ら磨いた腕を信じ
ペアン引き抜きの手術を
行うも
ここで理事長選を
やめてでも
手術室にたどり着く
ペアンは抜くな!
と佐伯教授
何度も抜くなと止めるも
渡海が
ペアンを外すことで
大量の出血も・・・。
ここで佐伯教授が代わりに
手術を行う。
ここからはネタバレで
原因とブラックペアンの意味を
知っていたが
そういう展開になるか楽しみでした。
あらすじは
飯沼さんは病院で急変
近くで事故による
多くの人の搬送にて
きちんとした手術ができなかった
佐伯教授。
出血を止める為
やむなくペアンを残すことに
このが海外での医療にでるあいだ
また飯沼さんが運ばれる
この時電話などなく電報での
対応
渡海一郎先生は
佐伯を信じ
ペアンを外さなかった。
このレントゲン写真を
たまたま見た黒崎が病院への報告
現在の外科准教授:黒崎
 
渡海一郎先生のミス医療としての
責任を取って病院を退職するも
海外から戻ってきた佐伯も
会うことなくなくなっていた。
手紙には何も言わなくていいと
責任をとった。
佐伯教授も同様に
渡海を育てあげた
憎しみが腕を上げている
事を見抜いてだ。
そしてブラックペアンの
真の目的は
ペアンを外し
ブラックペアンに変える為。
カーボン製で
レントゲンに映らない
そして亡くなった後は
消えてなくなる
ネットブラックペアンの口コミでは
代わりの器具はいくらでもあるのではなど
書き込みがあった。
確かにという部分と
ペアンだから届くのでは
その当時の手術が
今も変わらず治せない
その後疲れて
佐伯教授も倒れ
心肺停止状態。
停止して5分
まだ間に合うと
戻ってきた渡海
電気マッサージにて一命を
取り戻す。
佐伯教授に
尊敬している人からの教えと
電話で聞いた最後になるかもの言葉を伝え
最後は責任を取って
東城大を去ることに
このブラックペアンをまとめた
Blu-rayが発売になる
 
今回のドラマでは
渡海と言う人間
高階と言う人間
佐伯教授
世良先生
ネコ
毎回起こる心臓血管外科手術の
リアルさに毎度勉強にもなり
惹きつけられるドラマになった。
久しぶりに
毎週楽しみに待っていました。




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。